アルミやろうぜ第1回「ちょいカーゴ」

お客様に合ったちょいカーゴの製作秘話

にし
にし

こちらのコラムでは、アルフレームで作られている多様な商品の製作秘話などについて私が様々な方にお伺いしていきます!インタビュアーはにしが務めます、よろしくお願いします!

2019年入社。普段はホームページの制作等を主に行っています。浅く広くいろいろ好きですが、絵を描く事と美味しいものを食べる事が特に好きです。最近一人暮らしをはじめ、自炊練習中…。
にし
にし

さて、第1回では、「ちょいカーゴ」という商品にまつわるお話を聞いていこうと思います。今回お話をお伺いするのはたなかさんです、よろしくお願いします~!

2018年に入社しました。普段は営業や展示会の仕事をしています。休日は家で絵を描いたり、アイドルの応援に勤しんでいます。最近は、スマートスピーカーとお掃除ロボットと楽しく暮らしています♡
たなか
たなか

よろしくお願いします~!

にし
にし

早速ですが、今回テーマとしてとりあげた「ちょいカーゴ」。もともとあったこの製品をたなかさんが仕様変更、製作されたとのことですが、そもそもちょいカーゴとはどのような製品何でしょうか…?

たなか
たなか

ちょいカーゴは、パレットを置くことで台車になる、アルミフレーム製の運搬台車です。いままでフォークリフトやハンドリフトで運んでいたパレット単位の荷物を、この製品を使うことで手押しできるようになり、作業の効率アップなどにつなげることができます!また、使用しないときは段積みが可能ですので、スペースの邪魔にもなりません!

にし
にし

なるほど、工場などでよく見るパレットを使った製品なんですね!確かにパレット単位で荷物を積み下ろしする際は、フォークリフトだと使うことのできる人が限られますし、ハンドリフトでは小回りが利きにくい。これならだれでも荷物を運んだりできるのでいいですね…!たなかさんはこのちょいカーゴを、お客様から依頼をいただいて、お客様に合わせた仕様などを決めて製作したとお聞きしたのですが…?

たなか
たなか

そうなんです!お客様とは私が展示会(商談会)に参加したときにお会いしました。今までお客様は、木製の平台車を使用していたそうなのですが、木製では、重く木が腐食するため軽くて丈夫な台車が欲しいということで、このちょいカーゴに興味を持って下さいました。

たなか
たなか

このような場所でお客様から具体的な困りごとなどの問題点をいただいたのが初めてで、自社の製品に興味を持っていただいたのがうれしかったことを覚えています。あまり立ち止まらずに展示スペースの前を通り過ぎてしまうだけの方も多くいらっしゃいますので…。また、そのような問題点があるんだ!という気づきから、この案件に挑戦してみたいなという気持ちになりました。ただ、当時は入社して半年。ちょいカーゴ自体も2、3回しか製作したことがなかったため、製作の指示書や見積りの仕方も、0からのスタートでした。

にし
にし

入社半年で!!?すごいですね…。ちなみにそのお客様から依頼をいただいたちょいカーゴですが、お客様からのご要望はどのようなものだったのでしょうか?

たなか
たなか

仕様はこのようになっています。製品の条件として、耐荷重(均等荷重)180~200kg、製品の重さが15kg以内、高さのかさ上げをしてほしい、というご要望をいただきました。仕様を決めるための試作は、まず私が1台製作したのですが、仕様が固まるまでに、紆余曲折ありました…。

タイトルとURLをコピーしました