Alframeの組み立て方

フレームの組立て方、組立のコツ


Alframe(アルフレーム)は専用のジョイント部材を使用すれば、プラスチックハンマー1本で簡単に組み立てることができる構造です。
様々な用途に対応できるように、多方向のジョイント部材や、25mmフレーム用のアダプタなどを豊富に取り揃えております。
一度作ってみれば意外と簡単。職場での製作からDIYまで、あなたのアイデアを形にしてみましょう!今回は25mmフレームを使ったキャスター付きのラックを例に挙げて、組み方や組む際の注意点についてご説明いたします。

1.組立の前に

製作したい物の、簡単な図面を描きます。図に基づいてフレーム、アダプタの種類や寸法などを決めます。この時25mmのフレームではジョイント一個の寸法が25mmであることに気を付けながら、製作寸法を決定していきます。

部材を購入したら、どこをどの部分に使用するかを確認しながら、部材が全部揃っているか確認してください。

製作物を組み立てる際は面の部分と高さの部分に分けて考えます。今回は2段のラックを作るので、1段目、2段目、天井部分(3段目)の面と、それらを繋ぐ支柱の部分に分けて考えます。

図面を製作することが難しい方は、お見積りシートに、簡単な形やサイズ等イメージ図をご記入の上弊社までお送りください。イメージ図をもとに製作図面を作成いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

2.面の組立て

最初は面となる部分から組んでいきます。ジョイント部材をフレームにプラスチックハンマーを使って打ち込みます。この際、フレームや床に傷がつかないように、板などを下に敷いてから作業を行ってください。枠をコの字型に作ることができたら、最後に残りの1辺を打ち込みます。(キャスターがつく部分のジョイント部材には穴の加工が施されています。注意しながら組み立ててください。)

枠を組むときに25mmフレームはアダプタの挿入を忘れないようにしてください。ジョイント部材を最後まで打ち込んだ後は解体が困難です。パネルをアダプタに挟み込む仕様の場合もここでパネルを挿入します。

3.下から順に組み上げる

枠部分がすべて出来上がったら、下から順に組み上げていきます。組み方の順番は、 1番下の枠→支柱→2段目の枠→支柱… という具合に面の部分、高さの部分を交互に組み上げていきます。

支柱を打ち込んだ後、上の枠を打ち込む際は四隅を垂直に少しずつ均等に叩き込んでください。一カ所だけを一度に叩き込まないよう注意してください。

2段目まで組み終わった状態

最後まで組み終わった状態

4.完成!

キャスターをジョイント部材の底面に空いた穴に取り付けます。(樹脂穴の内側にはネジ山の加工が施されています。)最後に天板、棚板を載せて完成です。

16mmフレームで組む際は?


16mmフレームにはあらかじめハネ部分がついているため、アダプタの入れ忘れなどは発生しません。その代わり、種類によってはハネが左右非対称の物もございます。向きを間違えて組んでしまうと、パネルがうまく入らない原因となり、解体も難しくなりますので、注意しながら組み立ててください。

タイトルとURLをコピーしました