前室付き、グローブボックスのご案内

前室付きのグローブボックスです。直接製品に触れないようにしたい、というご要望から実際に作業をするスペースと前室を分けることで、内部の環境を一定に保ちやすい状態での製品の入れ替えなどを行うことが可能です。

製品の特長

前室を取付け

ボックス内の空調を一定に保つため、また、製品に直接触れないようにするために、仕切られた前室のようなスペースを設けております。まず前室に製品を入れ、扉を閉めた後にグローブを付け、作業スペースの内部へ製品を引き込み、作業を行います。

作業途中に物を入れる場合、天井部などの開口から入れるため、中の空気の温度などが安定しない。

作業途中に物を入れる場合、仕切られている前室を挟んで物を入れるため、外の空気が混ざりにくく、中の温度が安定しやすい。

もし、作業中に製品の入れ替えなどでボックス内外から製品の出し入れを行う場合、製品によって異なりますが、天井部や側面部などの扉から行うため外の空気が混ざり、温度などが変化してしまいます。

そのため、ボックス内で仕切られている前室を介し製品の入れ替えを行うことで、内外の空気の侵入などを最低限に抑えることが可能です。

使用時の脱着が可能

ボックス天井部は着脱可能になっており、前室から入れることのできない製品などをあらかじめここから入れておくことができます。

天井部の一部には、空調のホースをつなげるための穴の加工があります。空調などを使用しない際はねじ止めで蓋をすることが可能です。また、背面部にも同じくホースの取付け口があり、こちらも使用しない場合はグロメットで蓋をすることができます。

製品に使用したフレームの詳細は、以下のボタンよりご覧いただけます。

上記以外にもご要望に合わせて様々な仕様をご提案することが可能です。お困りごと等ございましたら、以下のボタンよりお気軽にご相談ください。